Category: 日々のオトヅキ Subscribe to 日々のオトヅキ

語順訳あるいは震災・原発(その4)

『暮らしの質を測る』  スティグリッツ委員会の報告書 立教大学特任教授 福島清彦訳   一般社団法人金融財政事情研究会 刊 任期中の2008年、元仏大統領サルコジ氏は経済学者スティ ...つづく

語順訳あるいは震災・原発(その3)

その2 「雪国」(川端康成・作)の1行目の不思議(二) 英語(話者)とちがって、日本語(話者)では主語の省略により、主客未分、人間と自然との合一の感覚を表現できる、という解釈とは別 ...つづく

「産学官民連携の地域力」

「産学官民連携の地域力」  関西ネットワークシステム編 学芸出版社刊   6月にKNS関西ネットワークシステムの会に出席したおり、世話人のお一人、メビック扇町の堂野さんが、二度三度 ...つづく

語順訳あるいは震災・原発(その2)

「雪国」(川端康成・作)の1行目の不思議(一) 「汽車が、国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」というように、川端が「主語」を明快に書いていたら、これほど話題にはならなかった ...つづく

『わたしのマチオモイ帖』をオモウ

6月8日(金)、大阪市「メビック扇町」主催の、「my home town わたしのマチオモイ帖」クロージングイベントに出席した。クリエイターでもない私が足を運んだのは、「オモイ」と ...つづく

語順訳あるいは震災・原発(その1)

語順訳から翻訳へ 『語順訳』 私たちの行っている英語学習法のひとつ、「語順訳」では、英文を語順通りに単語を一つひとつ訳し、日本語の文へと断片を積み重ねてゆく。たとえば You ha ...つづく

大阪・天満と毛馬と商店街

大川(旧淀川)の春を、今から楽しみにしている。 7月には天神祭りで賑わうこの界隈に、一足先に花に惹かれて人が集う。花の名所は関西に数多くあるのだろうけれど、新しく開いた事務所から歩 ...つづく

グレン・グールド

彼は孤独のアリアを歌っているのか? iPodで彼の演奏を聴きながら、これを書き始めている。バッハの「パルティータ」である。 窓は開かれている。部屋の中ではグールドがピアノに向かい、 ...つづく