大学全国模試「シニアテスト」結果

大学受験生全国模試「シニアテスト」の結果[2008~2010年度]

コア高3生、全国模試『シニアテスト』(英語)において、ベスト10に5人がランクイン!(2008年度)

それまで、3度、全国ベストテンに4人がランクインした大学受験生模試シニアテストにおいて、2008年11月、こんどはベストテンに5人ものコア生徒がランクイン。

【第2位】【第4位】【第5位】【第6位】【第9位】をコア生徒が占めました。(以下、3名が10~20位内に入っています。)偏差値70台は12名でした。2010年度においても72名の受験者のうち、ベストテンに1人がランクイン、偏差値60以上が22名(30%)でした。
 

英語が伸びると得意科目が増える。日本史はベスト10に8人も!(2008年度)

2010年度は他科目で4名がベスト10入り!英語のみではなく、コアの生徒は英語学習で余裕ができた時間を他の科目の学習に割くことができるなど、さまざまに有利な点があり、模試や本番の大学受験での好成績につながっています。2008年度、全国模試シニアテストの英語でベストテンを5人のコア生徒が占めた同じ年に、日本史の1・3・4・4・4・4・9・10位の8名のコア生徒がランクイン。

また数学1名、国語2名、物理3名、化学2名、生物1名がベストテン入りという快挙を成し遂げました。2010年度は英語1名に加えて、日本史では2名がベストテン入り。さらに、国語がベストテン第1位、化学で第3位となりました。

大学受験結果

今年は194名が受験し、180名が合格。合格率はなんと92%と大台を越えました。特筆できるのは東大レベルの国公立大学医学部に4名、私立大医学部に6名が合格したことです。

うちわけは、国公立大33名(昨年は29名)で、合格大学は東工大、筑波大、首都大、秋田大、電通大、横浜国大、横浜市大、東京医科歯科大、東京芸大、千葉大、県立静岡大、新潟大、福井大、東京農工大、神戸大、茨城大など。

私立大早稲田大20名、慶應大11名、上智大9名、明治大20名、立教大19名、法政大13名、青山学院大12名、中央大15名、学習院大9名など、私立大学ののべ合格者数は352名(昨年は391名)でした。

やがてこの英語力がすべてのコミュニケーションにつながる日がきます